風俗について経営者が語る

ピンサロにハマったのは恋人のおかげ

これは大袈裟な話でもないんですけど、ピンサロにハマるようになったのは昔の恋人のおかげなんです。その時付き合っていた恋人は、とにかくフェラが嫌いだったんです。別にそれ以外は嫌いとかじゃないんですけど、フェラだけは勘弁って女の子だったんですよね。でもこっちからすればそこを楽しみたいじゃないですか。だから風俗に行くしかないなって。でも、風俗にもいろいろとあるんです。だからジャンルに関していろいろとホームページなり口コミを見て調べたんですが、ピンサロがいいかなって。自分の場合、フェラをしてもらえればそれだけで十分なのもあって、ソープとか他の風俗の必要性はないかなって思ったんですよね。むしろピンサロこそ自分が楽しめないことを補完するという点では最もマッチしたものなんじゃないかなって。そして、その恋人と別れてもまだまだ風俗は楽しませてもらっているので、自分の中でここまで風俗にハマったのはすべてその時の恋人のおかげです。

風俗の料金への考察

風俗でどれくらいのお金がかかるのかは、今ではホームページを見れば料金がしっかりと掲載されていますので、お店に行って料金を初めて知らされるってことはないと思うんですよね。ましてやデリヘルであれば必ずホームページを見てから電話をすると思うので、この場合もまた、料金が分からないけど、でも電話したってシチュエーションにはならないと思うんですよね。じゃあ料金に関してはさほど気にする必要はないのかなって思うかもしれないんですけど、定価よりもむしろどれだけ安くなるかですよね。クーポンとか。これもしっかりと考慮することによって、料金に対しての評価は大きく変わるんじゃないですかね。特に、初めから安い風俗よりもクーポンによって安くなる風俗の方がいいかなって思います。初めから安いってことは、ある程度質を犠牲にしている部分もあるかもしれませんけど、クーポンで安くなるのは、本来の料金分の価値があるけど、料金だけを安くするんですし。