風俗について経営者が語る

相当ハードルが低いおかげです

これだけデリヘルの回数が増えているのは、風俗の中でもデリヘルで遊ぶ回数が圧倒的に増えているのは、それだけデリヘルで遊ぶ際のハードルが低いからこそかなって思っています。一度でもデリヘルで遊んだことがある人であれば分かると思うんですけど、電話さえあればいいんです。そうです、スマートフォンです。現代人でスマートフォンにせよ携帯電話にせよ、両方持っていないって人の方が稀なんじゃないですかね。つまり、誰もが持っているものだと思うんですよ。スマートフォンからだと、風俗のポータルサイトやホームページを見るじゃないですか。そこでネットサーフィンしつつ、良いなって思ったジャンルを見つけたらそこで更にチェック。納得したら電話。出来ないならまた違う子を探す。これの繰り返しでいいんですけど、スマートフォンだからどこででも出来るじゃないですか。それこそ帰りの電車の中とかでも簡単に出来ちゃうので、ありがたいなって思いますよ。

美女と二人きりは緊張しますよ

そりゃそうだろうって話ですけど、自分のようにこれまでモテた訳じゃない男にとって、美女と二人きりの時間は緊張しない訳がありません。むしろ緊張するに決まっています。だからこそ、風俗は常に適度な緊張感に包まれていますけど、逆に考えるとそれが風俗の魅力なのかなって。ここまで女性と密着して、さらには緊張するようなことは少なくとも自分の日常生活では有り得ないことなんです。その「有り得ない」を楽しめるからこそ、風俗って最高だよなって気持ちにさせられるんですよね。遊ぶ動機にもなるじゃないですか。普通に考えたら、美女と二人きりというシチュエーションを作るのは自分の男としてのスキルやステータスではまず無理なんですよね。それでも風俗の力を借りれば、難しいことではないんです。それだけでも風俗の存在価値があるんじゃないかなって思いますし、毎回のようにありがたい気持ちにさせられているので、風俗の存在はとても貴重なものだなって思います。