風俗について経営者が語る

損をする物じゃないからこそ使うべき

出来る限り風俗を安く済ませたいならやっぱりクーポンですよね。お気に入りの風俗があるならそのお店の会員とかメルマガ会員に登録した方が良いとは思いますけど、時々遊ぶ程度で、その時だけ割引になればそれで十分だって話ならクーポンでいいんじゃないですかね。クーポンは風俗のポータルサイトにも掲載されている所もあれば、お店のホームページにも用意されていたりするので入手そのものの難易度はかなり低いと思うんです。だからいつでも手軽に使えるものだと思いますよ。それにクーポンはデメリットも見当たらないですしね。使って何かしらのデメリットがあるなら考えものですけど、クーポンの利用によるデメリットで特に思い浮かばないんですよね。強いて挙げるなら店員から「クーポンを使うお客か」と思われるくらいでしょうけど、それが果たして何かダメージを負うようなデメリットなのかとも思いますしね(笑)だからクーポンは使いたい時に使うべきですよ。

美人風俗嬢。その看板は嘘じゃなかった

「美人風俗嬢」とお店のホームページでも紹介されていたRちゃん。それだけに、彼女への期待値はかなり高まりました。さすがに自分のお店の女の子を「美人」と言うからには、相当自信があるんだろうなって思ったんですよね。そして案の定、素晴らしかったんです。彼女に関しては「美人風俗嬢」という看板を掲げても何ら問題ないだろうって思いました。それに、性格云々ではなく、やっぱり美人ってだけでこっちとしても盛り上がりますよね。美人というアイコン。それが男をここまで燃やしてくれるものなのかって言う感動があったので、それだけでも自分の中でいろいろな気持ちを味わうことが出来ましたし、改めて美人風俗嬢との一戦を通して、自分はこういった気持ちになるんだなってことにも気付かされるなど、満足感だけではなく、他にもいろいろな気持ちに気付かされたので、充実感のある時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって思っていますし、実際最高でした。